ワキガの原因や手術による検査

ワキガは、ワキにおけるアポクリン汗腺から分泌される汗と、皮脂やばい菌が交じるため発生する不愉快香りのことです。 皮脂やばい菌と混ざらなければ、汗単体ではいまひとつ著しい匂いません。ばい菌が伸び悩むように工夫をするため、ワキガの香りが諦める状態にすることが可能です。ワキガソリューションとして、ばい菌が伸び悩むように制汗噴射や石けんによるという方もいらっしゃる。また、皮脂の分泌を防ぐために、油くさいものをあまり食べないように気をつけて要るユーザーも多くいます。体質によっては、ランチタイム容積を減らしても、油脂の多い汗をかくようです。そのような場合はワキを清潔にしても食べ物に気をつけても、ワキガを防ぐことは困難です。そのため、ワキガを根本から攻略させるための執刀もおこなわれていらっしゃる。ワキガの原因となるアポクリン汗腺を、執刀によって省くという手法であり、アポクリン汗腺がなければワキガの原因に陥る汗をかきません。アポクリン汗腺がなくなれば汗が出ず、脇の下にばい菌がしても繁殖することはありません。アポクリン汗腺の排除には、スキンを切開して直除去するという切り口や、スキンにちっちゃな落とし穴を開けてそこから器機を挿入して除去するという切り口があります。最近では、ワキガの執刀のために、特殊なレーザーをとなりに置き、アポクリン汗腺の効能を阻害する切り口もあります。